読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イン、アウトとノート

f:id:radiotakaishi:20151023151610j:plain

こんにちは、日があいてしまいましたが生きております、たかいしです。

ただいま我々ビジュアルデザイン専攻生の展覧会が、京都市立芸大の大きなホールなどを貸し切って開催中です。画像が粗くてすみません。この人なつこくてビビッドなメインビジュアルは、at break of dayのジャケットなどを現在手がけている田淵彩花さんが作ってくれたの。可愛いでおま。

さて展示の話をいたしますと、こちらがメインのギャラリー、円形の大学会館ホールの様子です。3年生と4年生の課題作品や自主制作物が並んでいて、なかなかに壮観。ホールを出たホワイエ(廊下と階段のスペース)にもまだまだ作品あります。正直、ガッツリ見たら疲れるほどのボリュームなんじゃないかなあ。

 

f:id:radiotakaishi:20151023150926j:plain

写真真ん中に見えているのは学生たちのオリジナル浴衣。毎年4年生では自分のイラストレーションを浴衣にして夏着られるという贅沢な課題が出てまして、今年は京都水族館と連携事業ということで、水の生きものモチーフの浴衣がたくさん出来上がり、会場を潤しております。

 

f:id:radiotakaishi:20151023150954j:plain

こちらは使い終わった紙製品を再利用して新しく生まれたものたち。3年生の「リ・ユース リ・デザイン」という課題です。カタログやブランド名も自分たちで考えて作る総合的なブランディングの授業。学外のギャラリーをお借りして展示をするところまでが課題です。

昨年度は「紙」という素材の縛りがなかったので、みんな割れた陶片でアクセサリー作ったり、ストッキング編んで鞄作ったり、スポーツ用のスパイクシューズでキーホルダー作ったりと、なんかもう色々でした。色々できるのでした。

 

今回、私はTwitter「たかいしのノート」をもとに、小さな本を作りました。Twitterの書籍化ではなく、あくまでその形式を借りてちょっと違うことを言いたいみたいな感じなんですけど(説明下手)、今までのツイートから引っ張ってきて清書したものもあるのでかなりかぶっている部分は大きいかもしれない。

f:id:radiotakaishi:20151023151020j:plain

ところで写真右手前のキャプションが立体的なの面白いですよね。展覧会タイトル「IN/OUT」にはアイディアの通り道というか、インプットしたものがどう作品に発展していくかを見せますよという意味合いがあるんですが、そのテーマにちなんで赤い面には'IN'、つまり着想やコンセプトを、青い面の'OUT'にはそれをどう表現したかが記載してあります。全作品解説付きというわけ。手厚い!

しかも各作品のアイディアスケッチが見られる冊子が会場内に設置されてまして、芸大生の頭の中が覗き見できるという仕様なのです。とは言っておりますが、人の目に触れるものなので当たり前ながら皆よくできたスケッチを載せてます。もっとヘチョイ下書きあるだろ。関節おかしいクロッキーあるだろ。というイジワルな心で閲覧するのもまた一興かもしれない。そんなこともない。

 

f:id:radiotakaishi:20151023151044j:plain

ちなみにTwitterでアップしている絵(もう800枚ほどになります)はペンの一発描きでして、故に、かなり小さく、たまに失敗することもあります。思いついたら2分くらいで描いて、その写真を撮って投稿するというとてもインスタントなやり方でやってきてますので、原画が残っていないものもけっこうあるんですよね。そしてキャラクターの服装や体型が徐々に変わってきているなあと最近自分で見返していて気付きました。

 

 

ファッションや広告や製品デザインなど幅広い領域の作品が一堂に会する京芸ビジュアルデザイン専攻の展示は今月25日の15時までなので、お近くの方はお見逃しのないように!ではまた!

詳細はこちら:Visual design Exhibition 2015 [ in/out ] | Facebook

マライアと一休さん

f:id:radiotakaishi:20151009021532j:plain

こんばんは。夜道で出会うと不安になるこちらの書をフォントにちまちま起こして「根気楷書体B」を作ってみたい、たかいしです。

 

YouTUBEでマライアキャリーの動画リストを再生してましたところ(2000年代以降の彼女が特に好きです)、”Obsessed”がかかりました。こちら発表当時たいへん話題になっていたゴシップが背景にありまして。「俺はマライアとヤった」と主張するエミネムに、「どうしてそんなに私に執着するの?」と周りを巻き込んでPVまで作って突っかかる壮大なプロジェクトでした(エミネ・・・もとい、どこぞのラッパーに扮したマライアがひどい目に遭うというストーリー展開になってます)。

 

youtu.be

 

結構ヒゲ似合ってますね。

 

この「執着」についてぼーっと考えていた時に、ふと、高校時代のアニメヲタクの先輩が「私ヲ微分シテクダサーーーーーイ!!!!!!」と絶叫していたのを思い出したんですよね。平面の世界で暮らす恋人(嫁)に会いに行くために、自分の次元を下げるという発想に当時めちゃくちゃ感動していました。あまりに新しいアイディアだったんです。

 

ここで表題の一休さんにやっと辿り着く。言わずと知れたトラのエピソードです。

夜な夜な屏風から出てきて暴れるトラを退治してくれと殿様に頼まれ、「捕まえるのでまず出してください」と切り返したという逸話ですが、なんか、ふつう。このくらいのことで、歴史に残るかな。

 

もしかして、一休さん、トラ出せたんじゃないかな。

実は数学の天才で、トラをうまいこと積分して屏風の外に逃がして退治したんじゃないかな。同じような感じで、気に入らん役人とか出来の悪い弟子を微分して巻物に閉じ込めたりしたんじゃないか。もっと気持ち悪い方向に想像を持って行くとすれば、タイプの村娘とかも次元下げて懐に入れていたんじゃないのかと。オエ。

 

たいへん失礼なことを述べてきましたが、しょせん数学の全く出来ないやつの言っていることなのでご容赦下さい。もし微分してもらえるなら、シャガールの絵かライアンマッギンレーの写真の世界で暮らしたいところです。ヘンリーダーガーとかマグリットの絵の中はしんどそうだからやだな。という、一連の思考のしょうもなさ……。

 

最近Twitter「たかいしのノート」の更新が滞っていますが、少しずつペースを復活させていくつもりなので気長にお待ち下さい。グナイ!

 

それはまた別の話

やあ、元気?

おとといは僕の誕生日だったんだ。祝ってくれたみんな、ありがとう。ジョンレノンだよ。

f:id:radiotakaishi:20150929201010j:plain

 

夏生まれです。たかいしです。おはようございます。

突然の雨音でパン屋みたいな時間に起きてしまい、のそのそとお風呂に入っていました。数日ほど人を泊めていたので、スペースを空ける為に古着の入った大きな袋をベランダに出していたんですが、この降雨量だと、うん、合掌。

 

うちに遊びにきていたパツキンえのき茸(コバヤシリサ)が最近モデル出演した記事を見つけました。本人はよく笑うんやけど、こちらの写真では眼光ギラギラ。ちょっとアンドロジナスな写りがとってもナイスです。それにしてもGAPっていまはこんな服作ってるんですね。フリースのトレーナーだけじゃないんか。

uni-share.net

 

話を聞くところによれば京都滞在中、えのき茸は禅寺とお庭を中心にかなりの行動力で色々回っていたみたいです。今度は案内とか出来るといいな。

 

昨日は帰路につきながらこれを聴いて、夏にあったこととか家族のことを思い出していました。6月に家族でアメリカに行った時、レンタカーでヨセミテ公園の山間を抜けながらカーステで何度もかけた一曲。PVの姉のほうがめっちゃ祖母に似ている。そういうわけで私にも似ている…。

 

youtu.be

 

この"Another Story"を知ったのはバンドのメンバーにリリックビデオを見せてもらったのが最初のきっかけだったと思います。写真のコマ撮りで作られたみずみずしい作品で、そちらのほうが映像としては含みが多く感じられるかもしれない。同じ曲を二回貼るという暴挙。サムネイルを見ていると先述のコバヤシリサが「夕方の空の青とオレンジのグラデーションの間にうっすら緑を感じる」と言っていたのをうっすら思い出します。今まで思ったことなかったけど、なるほどなと。

 

youtu.be

 

曲の中盤までは「はぁー落ち着く。良い夢見られそう」みたいな感じなんですが、後半だんだん「思えば遠くに来たもんだ」という気持ちになり、クライマックスに向かうにつれ「嗚呼」としか言えなくなる。歳かな。

 

結局パン屋のくだりもジョンレノンのくだりも回収できないまま書き終えてしまった。またいつか拾うのでそのへんに置いといてください。では、よいサンデーモーニングを!

 

ライブします。

f:id:radiotakaishi:20151006113100j:plain

 

おはようございます。機能と含みに乏しいものを男前と呼ぶ文化はやめよう、と「男前アイロン」を片手に思いました。たかいしです。ちなみに男前アイロンはめちゃめちゃ使いやすいです。

 

今週末、京都でライブをします。写真は約一年前のEasy Yokeです。昨日のよう。

 

10/9(Fri.) @西院GATTACA

[出演] Easy Yoke / eimie / Sequence / Smack pecK / Voodolian

18:30open 19:00start

adv.: 1000yen door: 1500yen

 

私たちの出番は20:30くらいからの予定です。

easy.yoke.band@gmail.com またはtwitter @Easy_Yokeにて予約受け付けてます!

 

youtu.be

ミックス前の音源が一部Youtubeで聴けます。アコースティックアレンジ版。

 

先日レコーディングスタジオSIMPOで制作中のEPのベース再録、ミックスをさせてもらったんですが、難しい難しいと悩みながら色んな人に助けられながら、半日ずっと、床や壁を中心にのたうち回っていました(反省)。5ヶ月ぶりのバンドセットでのライブ、悔しさをバネにがんばります◎

 

=======

 

ところで先ほど、中嶋製作所(フリーペーパー「アンテナ」の通販部門みたいなものです)の次回Tシャツデザインコンペティションに関わる、超シビレるメールが届きました。はっきり言ってこれはヤバいです。また公式なお知らせをすると思うので心してお待ちください!

 

短いですが本日はこれにて。ブログ始めて間もないですが、さっそく600ビュー突破しました。ありがとうございます。ハバナイ!

 

 

 

あの鐘を鳴らすのはyou, any


こんばんは。最近リンス(きょうびはコンディショナーと言う?)をやめましたでお馴染み、たかいしです。なくても意外といける!


さて、you, any(ゆえに)の新アルバムより、ついにミュージッククリップが公開。映像を手がけたのは、彼らのアートワーク及び前作「夜と霧」でのコラボレーションから引き続き、京都市立芸大のちーぼー(と水くさい書き方をしましたが友達です)。彼女の話を聞いていて、これはとてもいい関係だなと思いました。お互いの創作活動ががっちり歯車のように噛み合って、前に前に進んでいく大きなエネルギーを感じます。


撮影現場にたまたま居合わせたり、ちょくちょく進捗を耳にしていたので、完成を心待ちにしていた作品。犬のシーンもいいけど、スッとレンズ越しに目が合うところがたまらんよね。ちょっとドリーミーな色調も素敵です。


でも一方で、これは私やらかしてしまったと思った。けっこう昔のことにはなりつつあるんだけど。


もう気が付けば一年前の記事。ゆえにの前作リリースイベントを取材したんです。

 

you, anyレコ発企画 -すべての夜に-@京都GROWLY 2014.10.21 | アンテナ 京都のカルチャーを発信するフリーペーパー


もとより親しくしていたこともあり、かつてアンテナWebのほうでライブレポを書かせてもらったのですが、なんせ、何にもわかっていなかったなと思う。もう一度MVを観てみる。やっぱり違う、『ポストロックの新星』ということばの選び方は。


引き出し不足のあんぽんたんです。反省。短い表現で済ませようとすると、こういうリスクがありますね。

今でもピッタリくる言い方を見つけられてはいませんが、そんなことは実物を前にすれば問題じゃない(と願う)!というわけで、少なくとも「これが広まってほしい!」という監督の情熱を間近で見ていたひとりとして、オススメさせてください。


スーパームーン怖かったですね!グナイ!




人の寝床わたしの寝床

f:id:radiotakaishi:20151004002113j:plain

 

こんばんは。情報過多のご時世にこんなブログを読んでくれてありがとうございます。

日々の生活が情報過多だと思うことにうっとり酔いしれています、たかいしです。

 

昨日から、ベッドで寝る生活を再開しました。

それまでは2週間くらい、床で寝ていました。何か作業をしてて意識を失ったとかではなく、しっかり枕を置いてタオルケットをかぶって、せーの!で寝ていた。床で寝ると天井が高く見えるし、部屋全体が大きな寝床に感じられるので、個人的に結構満足はしていたんですが、肩と腰が壊れたのでやめました。

 

かつて寝相が悪すぎて、柵付き2段ベッドの上段から仰向けに落ちたことがあります。ホテルに泊まってもよく一人で転げ落ちてました。だから床で寝るのが好きだったのかもしれない(落ちない!)。

 

夏の間は、下のほうに溜まるわずかな冷気を求めて、床にフトンを敷いて寝ていました。敷いたことを忘れて何度も部屋でつまずいてこけたので、やめました。

 

改めて痛感していますが、ベッドはいいですね……。たたまなくていいのがポイント高いです。

 

そして今はアルバイトでホテルのベッドメイキングをよくします。

お客様のために大きなベッドをつんつるてんに整えながら、床で寝起きしている自分が一体何をしているのかと、ふと我に返る瞬間が多かった。アイロンのかかったすべすべのシーツ、パリッと糊の効いたリネンの枕カバー、同じくリネンの爽やかなフトンカバー、イタリア生地のクッション、スムースなウールのベッドファブリック。人は床でも眠れるのに、できればこういうものに包まれて寝たいと願っている。寝ている間は寝ているだけなのに。不思議も不思議。

 

なんというか、儀式的なんです。ベッドメイキングは。ふたつベッドがあったら全く同じように揃えなくちゃいけないし、2泊される場合は昨晩と全く同じように整えなくちゃいけない。相手が御年配の方でも赤ちゃんでも、男でも女でも、偉い人でもそうじゃなくても、ホテルのベッドは変わらぬ表情で大げさに迎え入れなければならないんです。ひとの一日がここに収束し終着すると考えると、とんでもない緊張感に満ちた仕事です。責任重大。

 

客室の枕の角をピンとしながら、「いい夢見るために生きているんだなあ」と思います。

「起きてる時間も、いい夢見るための準備なんだな」と思います。だから起きてる間は恐怖や嫌な気持ちをネグレクトしてはいけないわけ。押し殺したものはいずれ夢に出るからね。いくら綺麗なベッドで寝てもね!

 

いいもん食べて言いたいこと言って、満を持していい夢見ましょう。グナイ!

 

 

Q. なぜブログのタイトルは質問形式にしたくないのか

f:id:radiotakaishi:20151002230952j:plain

A. 最終的にカセットテープとか買わされそうだから

 

こんばんは。みうらじゅんでは育ってないが町田康にはお世話になりました、たかいしです。町田町蔵も好きです。ぽっ。

 

さて、「読書の秋」という、すっかりオーソドックスな取っ掛かりをちゃっかりしっかりお借りして今回は「読書感想文」についてカリカリ(タイピングしてるから厳密にはポチポチ)。となると結局、夏休みの話になってしまうんですがご容赦下さい。おぼろげな記憶をたどってみます。

 

最初の挑戦というのは皆さんよく覚えているもので。小学校一年生の夏、私が選んだのはご存知「シートン動物記」第一巻。おおかみ王ロボのお話です。あらすじはこちら:

〜群れを率いるオオカミのボス、ロボはたいへんなカリスマ性の持ち主。スッと通った鼻筋には気高さがよく表れている。その責任感の強さからついつい部下に厳しく当たってしまうところも彼の愛すべき点だった。しかしある日、きつく叱りつけた一匹の若手社員の逆ギレ・自暴自棄による共食いで最愛の妻を失うという悲劇に見舞われる。すっかり意気消沈し、老後の為に積み立てていた貯金を自己啓発団体「シートン」に丸投げ。怪しげな呪文をぶつぶつ唱えながら山の中へ消えて行く彼をその後見た者はない〜

 

確認のため今Wikipediaでストーリーを調べましたが、だいたい合ってました。10年以上前のことですが、意外と覚えているもんですね。

 

「葉っぱのフレディ」という絵本も、何年生の時か忘れましたが課題図書に選んだ気がする。しぶとい葉っぱが、秋口に枝から落ちていく同志を眺めて寂しがる話です。自分が何を書いたかは全然覚えてません。「フレディでありたい」だったのか、「先に落ちていきたい」だったのか……。

 

比較的しっかり覚えているのは、小学校6年生のときの「岸辺のふたり」。

父に「絵本で感想文をしっかり書けたら大したもんだな」と挑戦状を叩き付けられ、負けん気でこちらを題材に感想文を書きました。父に薦められた以上、父に媚びるものか!と謎の意地を張り、結果的にめちゃ冷たい文章になっていたような。

本来はアニメーション作品なんですよね。台詞もないのに、子供心にガツンと来てめちゃくちゃ泣いた。そして絵本で感想文を書くのはけっこう大変だなと身にしみて実感した体験でもありました。

 

youtu.be

 

あとはレイチェル・カーソンの「沈黙の春」。これ中1か中2くらいだったはず。

自然を忘れた現代人に魂のふるさとを思い起こさせる美しい声と、自然を破壊し人体を蝕む化学薬品の浸透、循環、蓄積を追究する冷徹な眼、そして、いま私たちは何をなすべきかを訴えるたくましい実行力。三つを備えた、自然保護と化学物質公害追及の先駆的な本がこれだ。(amazonの内容紹介より)

つまり農薬などの化学物質が自然環境にどんな悪影響を及ぼしているかを具体的に研究して、当時の社会に警鐘を鳴らした作品だったわけです。私なりに色々考えていたはずが、感想文のシメの一文を「わたしもこれからは、ナメクジが出たら塩で殺したいと思います」にしたら、母に「浅い」とダメ出しされた記憶だけが鮮明に残っています。

 

これは中学の体育の先生が推薦していた図書でした。写真と名言だけの本だったため、速く読めると踏んで選んだところ、残念なことにあまり共感できず、先生に気を使って「大人になったら分かると思う」「時が経てば効いてくる言葉だと思う」と書きまくった、なんとも心苦しい思い出。表紙の紙質は良かった。

www.a-works.gr.jp

 

 

読書感想文で賞をもらえるタイプの人って、何を書いていたんでしょうか。最も印象に残ったセリフとかシーンとかだったのかな。夏休み明けに授賞式とか賞の発表があって、名前を呼ばれない「おわりの会」の帰り、やんわりと敗北感に浸って、給食袋振り回しながら歩いた夕方が懐かしいです。全校生徒の前で朗読とかしたかったなあ。

 

課題図書もまあまあ面白かったけど、実家は壁一面本棚だったので、そこからこっそり本を抜き取って寝る前に読むのが何よりのエキサイトメントでした。何故か子育ての本にハマり、赤ちゃんのお風呂の入れ方に通底していた小学校低学年の頃。それがだんだん内田春菊とか田口ランディーのスケベなエッセイに移行。枕の下に隠して読んでたんですけど、フトンの洗濯のたびにバレて親に笑われていました。恥ずかしながらそういうもののほうが頭に焼き付いている気がします。なにせショッキングですからね。

中途半端ですが、ファンタジーが読めないこどもの、読書にまつわる数少ない思い出話でした。グナイ!